TOP>安全衛生方針

安全衛生方針

四電工グループは、職場の安全と従業員の健康を守り、快適で活力ある職場を実現するため、『安全はすべてに優先する』との基本理念に立ち、全社一丸となって安全衛生活動に取り組みます。

安全衛生方針

1.安全文化の構築
全従業員が安全の重要性をしっかりと認識し、安全最優先の考え方や行動がいつでも自然にできる安全文化を構築する。
2.法令・規程等の遵守
安全衛生関係法令を遵守するとともに、安全衛生に関する社内規程等を常に最新・最善のものに更新し、これを遵守する。
また、業務実施にあたっては、いついかなる場合でも安全の基本ルールを守り、不安全行動・不安全状態を徹底的に排除する。
3.安全衛生管理システムによる安全衛生水準の継続的向上
リスクアセスメントによる本質安全化の推進、安全衛生管理の継続的な計画・実施・評価・改善など安全衛生管理システムの適切な運用を通じて、安全衛生水準の継続的向上を図る。
4.安全衛生教育・訓練の効果的な実施
安全衛生に関する教育・訓練を充実し、応用可能な知識の習得と技術・技能の向上を図る。また、協力業者の教育・訓練に対して積極的な支援を行う。
5.心と体の健康の保持増進
従業員の心と体の健康保持増進のため、作業方法や執務環境などを適切に管理するとともに、健康診断やコミュニケーション等を通じた健康管理、メンタルヘルス対策を積極的に推進する。

  • 事業継続計画(BCP)
  • ワークライフバランスのための行動計画
  • 女性活躍推進法に伴う当社行動計画