TOP > 四電工とは > 四電工チャンネル

四電工チャンネル

会社設立50周年

2013年5月1日、四電工はめでたく設立50周年を迎えました。これを記念して、全社でスポーツ大会を開催。社長をはじめとした経営層や社員が、本店のある香川県高松市に集結しました。ソフトバレー、綱引き、ソフトボール、ボウリングなどの競技で熱戦が繰り広げられ、年齢や部署の垣根を超えて「チーム四電工」としての絆と親睦を深めました。終了後、社員研修所で行われた懇親会が盛り上がったことは、言うまでもありません。

ふれあい月間

四電工では、人と環境の未来を考える企業として、毎年10月を「ふれあい月間」とし、全事業所でさまざまな社会貢献活動を行っています。文化財や福祉施設の電気設備の安全点検、高所作業車を活用した樹木伐採、外灯やカーブミラーの清掃などの奉仕活動や、地域事業への参加・サポートなど、地域のお客さまとのふれあい活動を通して、地域社会とのパートナーシップを深めています。

ノー残業DAY

毎週水曜日はノー残業デー!オフタイムを充実させるため、定時退社を推進しています。また、水曜日に限らず、時間外勤務を低減させるよう業務の効率化に取り組んでいます。

設立記念日休暇

土・日・祝日・年末年始(12/29~1/3)・夏季休暇(8/14~15)のほか、5月1日は会社設立記念日のためお休みです。GWと合わせた長期間の休暇が取りやすくなっています。

本店新社屋の新築移転

防災機能の向上と執務スペース拡充のため、当社設立50周年を機に、本店社屋を移転しました。
敷地内には、事務所棟のほかに、非常食を常備し、災害復旧員が宿泊できる災害対策等を併設しました。
新社屋は、2015年6月に営業開始。免震設備や太陽光・風力発電など、総合設備企業として工夫を凝らした設備を備え、業務にまい進できる環境が整いました。

マスコットキャラクター「ライトもん太」

四電工のマスコットキャラクター「ライトもん太」は、現場作業員と同じ四電工ブルーのユニフォームと黄色いヘルメットを身に付けた愛くるしいお猿さん。設立30周年を記念して社内公募を行い、1993年に生まれました。昼間でも真夜中でも素早く現場へ駆けつけ、どんなに高い所でもすいすいと昇るフットワークの軽さや、高い学習能力と器用な手先でスマートに作業をこなすイメージが込められています。

表彰制度

四電工では、社員を表彰する制度があります。施工現場において安全・品質・効率などの面で特に成果をあげた工事担当社員や、会社の社会的信望を高めるなど、表彰基準を満たした社員に対して、社長や役員、支店長などから表彰を行い、社員のモチベーションアップを図っています。



農業への試験参入

四国の重要産業である農業への貢献、新たな収益確保の可能性を探るため、ハウス施設を利用した養液栽培による、高糖度トマトの試験栽培を行っています。
2013年9月、徳島県吉野川市に栽培設備である「ヨンコーアグリファーム 吉野川トマト園」を建設。糖度8%以上の甘くて美味しいトマトを、ハウス施設の中で生産します。四電工では、設備工事業のみならず、幅広い分野で事業展開をしています。