TOP > 社員紹介 > 市川 稔典

社員紹介

電力供給設備工事

仕事内容

架空送電鉄塔や鉄塔基礎の設計業務を行っています

以前は、送電鉄塔の建替工事や送電線の張替工事、携帯基地局の建設工事などの現場管理業務をしていました。
現場と図面を照らし合わせながら、円滑に工事が進むよう現場代理人として工程・費用・安全等の管理を行っていました。
現在は、鉄塔や基礎、敷地等の設計業務を担当しており、現場での経験を活かしながら、施工者が見やすい図面の作成に取り組んでいます。

田尾 友則

仕事のやりがい・魅力

自分の仕事がカタチとなって残る

鉄塔などの設計からスタートし、何も無かったところから鉄塔が出来上がっていき、完成を迎え、無事電気を供給できたときは非常に達成感を感じます。
また、日常生活の中で、自分が携わった鉄塔などが目に入るときがあります。当時の楽しかったことや苦労したことが思い出としてよみがえり、自分の仕事がカタチとなって残っている実感が沸くと同時に、あらためて責任感を感じます。



市川 稔典

将来の夢・今後の目標

知識と技術、経験を兼ね備えた四電工マン

現場業務と設計業務の両方を経験していることは、私にとっての強みだと思います。
今後、どこの職場になったとしても、周りから頼られる存在になれるよう、日々精進していきたいです。

心がけていること

無責任な言動はとらない

お客さまへの曖昧な返事や無責任な言動は私自身のみならず、会社の信頼を失墜しかねません。
社会人として、日頃から自分の言動に責任を持つことを心がけています。

休日の過ごし方・趣味

大学まで野球をやっていたこともあり、高校のチームメイトと草野球チームを作り、活動しています。

疑問に思い、考えることが大切

疑問に思い、考えることが大切

現場ごとにいろいろな工法や作業手順があり、学生の頃に学んだこと以上に、現場で学ぶことが数多くあります。
なぜこの工法で作業しているのか考え、疑問に思うことが大切だと思います。日常でも多くのことに関心を持ち、考える癖をつけておくと、社会人になっても役立つと思います。

社員紹介

社員紹介一覧

入社二年目社員座談会

キャリアストーリー