TOP > 社員紹介 > 松本 康伸

社員紹介

CAD開発・販売事業

仕事内容

CADソフトの開発を担当しています

CAD開発部では、コンピュータで建築物等を設計するためのCADソフト(図面を書くソフト)や見積ソフトの開発、販売、サポートなどを行っています。その中で私は、四電工の設備設計ノウハウを組み込んだCADソフト(当社ブランド「CADEWA」)の開発を担当しています。また、お客さまの手元で問題が発生しないように、様々な操作テストを行ったり、製品のメンテナンスなども行っています。

松本 康伸

仕事のやりがい・魅力

実際にカタチとなってお客さまに届く

開発業務を通して、プログラミングスキルが身につき、頭の中に描いたものを自らの手で実現できるようになることに魅力を感じます。また、自分が作ったプログラムが、実際にカタチとなってお客さまに届き、使用して喜んでもらえるのは、「モノづくり」の仕事ならではのやりがいだと思います。



松本 康伸

将来の夢・今後の目標

設備CAD市場シェアNo.1を目指す

目標は、設備CAD市場シェアNo.1です。現在、設備CAD市場における当社のシェアは、業界第2位の位置にあるとみられていますが、1位との差は大きく、競合が増えてきている状況です。今後、「英語版CADEWA」など他社が実現できていないことに積極的に取り組み、いつか1位の座を手に入れたいと思っています。

入社して変わったこと

時間に対する考え方が変わりました

例えば製品の納期があるように、限られた時間の中でどうすれば実現できるのかを考えるようになりました。優先順位をつけること、タイムスケジュールを作ることなど、学生時代に比べて時間に対する考え方が変わりました。

休日の過ごし方・趣味

休日は、子供と公園に行ったり、家族で買い物に行ったりしています。また、趣味のバンドではベースをやっています。

企業研究はしっかりと

企業研究はしっかりと

私が学生の頃、四電工のイメージは配電工事のみでしたが、就活で企業研究を進めるうちに、CAD開発部の存在を知り興味を持ちました。その会社がどんなことをやっているのか企業研究をしっかりすると、自分の進むべき選択肢が広がると思います。

社員紹介

社員紹介一覧

入社二年目社員座談会

キャリアストーリー