TOP > 人材育成体制 > 社員研修所紹介

社員研修所紹介

四電工に入社後、まず会社生活の拠点となる社員研修所の施設について、ご紹介します。



施設紹介

施設紹介

アトリウム
アトリウム

吹き抜け天井で開放感のあるアトリウム。各種研修を受講する社員たちの交流の場となっています。

研修室1
研修室1

大きな窓から光が差し込む、明るくて広い研修室。



研修室2
研修室2

パソコン設備の整ったこちらの研修室では、CADソフトの学習などを行います。

半屋内式外線実習棟
半屋内式外線実習棟

2012年完成。屋根があるため、1年を通して天候に左右されることなく研修作業を行うことができます。



安全体感教育設備
安全体感教育設備

2011年完成。高圧・低圧の感電、短絡、墜落など、16種類の安全体感教育を受けることができます。

食堂
食堂

朝・昼・夜の食事はここでとります。栄養満点のメニューは、四電工マンのパワーの源になっています。



宿泊部屋
宿泊部屋

研修生活は2人1部屋で送ります。最初は相部屋に戸惑う人もいますが、同期の結束の強さの秘訣はここにあります。

大浴場
大浴場

広くて清潔感のある大浴場。日中の疲れを癒すとともに、裸の付き合いで、同期同士の仲を深めることができます。



体育館
大ホール

自由時間には、バトミントン、卓球、バレーなどで汗を流してリフレッシュ。

トレーニングルーム
トレーニングルーム

スポーツジムさながらのマシンが揃っています。



図書室
図書室

研修後に知識を付けてみては…!?

トレーニングルーム



社員研修所からのメッセージ

社員研修所からのメッセージ

社員研修所は、1969年より高松市鶴市町(高松市街地より西方、峰山の西側裾野)に開設されて以来、新入社員研修をはじめとする社員教育の場として活用されてきました。高度な技術の習得に不可欠な実習教育施設の充実と、宿泊施設の整備に重点を置き、社員研修所員および指導員が一丸となって、明日へ羽ばたく人材の育成に努めております。 現在の建物は、1993年に建て替えた2代目の施設ですが、2011年より安全意識の向上を目的とした安全体感教育研修棟や、雨天時にも実習が行える半屋内式外線実習棟などを新たに増築し、時代とともに更なる充実を図っています。

人材育成