TOP > 人材育成 > 人材育成体制

人材育成体制

四電工の人材育成について

四電工の人材育成について

四電工の財産。それは高い技術力とノウハウを持つ“従業員”です。四電工では、会社に必要な能力や経験を持った人材を育成するとともに、社員一人ひとりの使命感、モチベーションを高める体制を整え、会社と社員がともに成長できる企業をめざしています。

OJT(On-the-Job Training)

OJTとは、職場での仕事を通じて、仕事に必要な知識・技術・技能などを身につけること。各職場に配属された後は、「各部門の目標」をはじめ、本人の「チャレンジ目標」など、一人ひとりの成長に合わせた個別の目標を立て、その達成に向けて取り組んでいきます。

人事評定

当社の人事評定は、一人ひとりの業務遂行状況と成果について、上司と部下が面談を行います。
良かった点、悪かった点、頑張った点、もう一歩だった点などを話し合い、「評価」に繋げることで、今後の能力発揮や新たな目標へのステップアップとなるよう位置づけています。

育成ローテーション

当社は、各部門に応じて体系化した『育成ローテーション』に基づき、異動・配置を行い、人材の計画的なキャリア形成を行っています。

【技術職】
配電・送電・建築設備・情報通信の4つに部門を分け、各部門ごとに計画的なローテーションを実施し、その分野でのプロフェッショナルを目指します。
【事務職】
複数の事務関連部署を経験し、幅広い知識やキャリアを積んでいただきます。その中で、少しずつ経営的な能力を身につけていただきます。

自己申告制度

毎年1回、自分の所属部署に対する意見や将来の自分のキャリアについての要望などを自己申告することができます。上司と面談を行い、自らの考えを伝えていただくことにより、今後のキャリア形成の参考にいたします。

人材育成