TOP > 人材育成体制 > 新入社員研修

新入社員研修

四電工に入社後、新入社員がまず受ける新入社員研修についてご紹介します。

新入社員研修フロー

四電工の人材育成について


電力供給設備
【入社式】

今日から新入社員研修がスタート。同期とともに合宿生活を送ります。

電力供給設備
【導入教育】

社会人としての基本的なマナーや会社の概要など業務において必要な基礎知識を身につけます。

【共通教育】

事務系社員も含めて、各部門の業務を体験します。

電力供給設備
【部門基礎教育】

技術系社員の配属される部門が決定し、それぞれの部門について基礎から学びます。

電力供給設備
【現場研修】

配電部門では、実際の現場で活躍する先輩社員に付いて研修を行います。

電力供給設備
【新入社員研修終了】

全てのカリキュラムを終え、懇談会で感想や思い出を共有します。
明日からは、それぞれの配属先で一人前の四電工マンを目指します。

新入社員研修を終えて・・・

新入社員研修を終えて

4月の入社したばかりの頃は、学生気分が抜けておらず、社員研修所の方々にご迷惑をかけることもありましたが、社会人としてのマナーや集団行動の大切さ、コミュニケーションの取り方など、基本的なところからしっかりと教えていただき、「自分の行動に責任を持つ」ことを意識するようになりました。 また、実習などを通じて、施工管理の基礎知識や技術を、同期の仲間と日々切磋琢磨して学びました。 研修生活を共にした同期の仲はすごく良いですが、時には熱い議論を交わすこともあります。お互いに厳しさを持って接し合える同期の仲間たちは最高の宝物です。 研修を終えた私たちは、これから職場に出ていきますが、社員研修所で学んだことを最大限発揮して、一日も早く一人前の四電工マンになれるよう努力していきたいと思います。

人材育成