TOP>四電工アグリファーム

四電工アグリファーム

高糖度トマトの栽培

高糖度トマト

●将来への”夢”を乗せて

当社は、四国の重要産業である農業への貢献、新たな収益確保の可能性を探るため、当社所有地の有効活用も考慮し、 平成25年9月から、ハウス施設を利用した養液栽培により、高糖度トマトの栽培を行っています。

●四電工アグリファーム 吉野川農園の概要

高糖度トマト
場所 徳島県吉野川市川島町児島字西須賀220番1
(当社所有地:吉野川営業所西隣)
建物 鉄骨1階建てビニールハウス 延床面積2,856m2
(A棟552m2、B棟2,304m2




施設案内パンフレット



●高糖度トマトとは

高糖度トマト

一般のトマトの糖度が5度程度なのに対し、高糖度トマトは8度以上。もちろん8度に届かないトマトもできますが、消費者の皆さまに喜んでいただける甘くて美味しい8度以上のトマトの割合をグンと上げていきます。
これを実現するのが、ビニールハウスによる養液栽培です。

弊社商品紹介のページ
midiful

●ビニールハウスによる養液栽培の特長

・トマトは夏野菜の代表選手。生育にはある程度の高い温度が必要となることから、ビニールによる温度上昇 に加え、ヒートポンプを設置して加温します。
・トマトはその特性から連作に適しませんが、養液栽培により培地の状態を管理することができ、連作が可能 になるとともに品質管理が容易となるため、高糖度トマトが生産しやすくなります。


ポイント!!

・高付加価値型のトマトが年間を通して生産できる!
・害虫の侵入・病気の発生が少なく、農薬を最低限に抑えた安全なトマトが生産できる!

ビニールハウスによる養液栽培の特長

●栽培ノウハウ取得や販路確保は豊富な実績を持つ(株)アグリベスト様と提携

平成15年設立の(株)アグリベスト様は、大塚化学(株)様の子会社で、農産物の水耕栽培や養液栽培で既に豊富な実績を持っており、生産した野菜や果物は 全国で販売されています。
特に高糖度トマトは「夢とまと」のブランドを確立し、高い人気を誇っています。

(株)アグリベスト様へのリンク




お問い合わせ
事業開発部
TEL:087-840-0208 FAX:087-840-0216